夜空に瞬く白糸

とあるツイッターユーザの「ツイートが140文字余裕で超えそうだな」って文章を垂れ流すブログ

『温泉むすめ』って、なに……? その8【キャラ&曲紹介:大手町梨稟(ソロプロジェクト)】

 

スポンサーリンク

久しぶりの紹介はカラオケの強い味方、大手町梨稟の紹介です。

キャラは一人、曲は2曲だからキャラ紹介と曲紹介を1つに束ねます。

ソロプロジェクトとは?

そのまま。ぼっちグループを組まずにソロでアイドル活動をしようというプロジェクトである。

 

橋本Pによれば「温泉むすめ」において『東京』は他地域と比べて立ち位置が特殊であるらしく、物語内で第三者視点のスピーカーとして活動させるなら一人のほうがいいだろう、とのこと。詳細は↓記事3ページ目参照。

realsound.jp

 

7/23現在、片手で数えれる程度しか活動記録はないが今後に期待である。

 

そしてソロプロジェクトということでリリース曲は当然ソロ曲。そのためカラオケで歌いやすいという副産物もある。

 

ということでそんなソロプロジェクトとして活動している大手町梨稟がどのような人物なのか見ていこう。

 

大手町梨稟(CV.楠木ともり さん)

都会征服Girl(本物)

 

おおてまち りりん。

大手町は「ここに温泉あったの!?」と言う人もちらほらいるレベルの都会中の都会である。(個人的にはどちらかというとオフィス街のイメージが強い)

つまり都会で生まれ都会で育った、温泉むすめでは貴重な純度100%の都会っ子。

 

東京のOLを夢見て、流行を追っては挫折を繰り返している。

 

"東京で生まれ育った"という自負があるため、若干生意気だったり地味なものが好きじゃなかったりする。

そのためシナリオ上「地味じゃない!」 → 「悪くないかも……」という即堕ち2コマを頻繁に披露している。

 

しかし、ゆのこれでは描写がないが一応好きなものに「江戸史跡探索」とあり、家ではちゃんちゃんこ(羽織)という和な部分もある。

地味なものを避けて華やかさを求めるのは孤独の寂しさからか、もしくは自身のなさの裏返しなのかもしれない。

 

個人的には

公式ではロリとされているが身長が143cmであること以外はロリ要素が薄い。(目に狂いがなければ)

どちらかといえば生意気、人によってはツンデレの印象が強くなる。

 

f:id:LeafTwelve:20190725000157j:plain

七夕限定セリフ

 

これまた描写がないが、流行の先端を征く有馬輪花にあこがれを抱いているらしい。

 

ソロなのにてぇてぇの気配がする。

 

それと所々でプライドの高い一面を見せることがあり、「1人で温泉むすめの頂点に立つ」というハングリーさも垣間見える。

 

なんつーかあれだよね。親戚の娘か妹で一人ほしいよね。

 

曲紹介

いつも通り好きな歌詞部分引用して語ります。

 

7/23現在、発表してるシングルは『Passionate Journey』のみの1枚で曲は2曲。両方紹介します。

 

Passionate Journey

 

熱いままで 明日を描く ひとの希望が

消えない道をつくるとわかってる Passionate!

 

翻訳すると「情熱的な旅」。表題曲であり、あつーい和ロックである。

 

ここでいう『旅』は旅行の旅ではなく挑戦することを『旅』としているため、人を鼓舞する情熱的な歌になっている。

 

すごい安っぽくまとめると「お前願いあるだろ!?ならそれを熱い思いにして旅立とうぜ!」な歌である。

……こうまとめると非常に男っぽいアニソンにも思えるけど歌うキャラは143cmの若干ロリむすめなんだよなぁ。

 

ちなみにこの曲がどのくらい熱い歌かというと、カラオケで熱入れて歌うと「この子が歌う曲に見えないw」と言われたりする。

まぁ……わからんではない。

 

だがしかし、大手町がこれを歌うと圧倒的な力と迫力のあるオーラに圧倒されることになる。

楠木ともりさん、恐るべし。

 

 

願いキラキラきらり

一人でも怖くないの きっと駆け抜けられる

言い聞かせて今を あたしなりに進むよ

キラキラきらり キラキラきらり

痛みよ彗星になり

消えてしまえ そして前を向いて

 

表題のPasstionate Journeyより雰囲気もタイトルもちょっとアイドル色のある1曲だが、こちらも鼓舞するタイプの曲である。

 

「アイドルっぽい歌」で「星」といえば大抵は夜空に願ったり、祈ったり、誓ったり、恋人に思いを重ねたり、と大分都合のいい存在だが、この曲では星は「自分の中にある決意や願い」としている。「心の痛みは彗星にして消えてしまえ」とバッサリとした感じも良い。

 

なんなら「街の空の果てに 海の山の上に輝く星達は 何も語らない」と全否定している。

このように歌詞を読み解くと、意外と挑戦的で等身大ながらも強気な歌である。

 

……というより多分これ大手町の決意表明の歌じゃないかな?舞台も都会だし1人で戦う決意を抱く歌だし。

 

あとサビの「キラキラきらり キラキラきらり」前に入るドラム好き。

 

 

おわりに

ということでソロプロジェクトの大手町梨稟の紹介でした。いかがでしたか?

こうやって整理すると「グループで団結する他温泉むすめと違って1人で大丈夫だろうか……?」って心配も杞憂になる十分スター性のあるむすめだなぁって思う。

 

カラオケでも歌いやすいから、歌うことで布教したいオタクは積極的にチョイスしような。

 

というか活動機会もっと増えて♡(本音)

 

 

関連リンク

1人じゃねぇが少数精鋭じゃ!!なグループの紹介 >>

www.skyrollingstar.work